トップページ海外ニュース国内ニュース宗教協力世界連邦エスペラント
農・食・環境いのちを守る暮らし・文化連載・特集主張ゲストブック
 国内ニュース

改定脳死臓器移植法施行後も真実を!

 ノン・ドナーカード約3600枚を配付

 人類愛善会・三河協議会が実施
真実を多くの市民へ!
杉山

人類愛善会では、7月17日の改定臓器移植法施行に合わせ、全国でノン・ドナーカードの配付の街頭活動を実施。累計約15万枚にのぼるノン・ドナーカードの配布を行い、「脳死は人の死ではない」ことを強く社会に訴えた。残念ながら改定臓器移植法は施行されたが、人類愛善会三河協議会では、協議会として本年2回目の脳死・臓器移植反対街頭活動を10月3日に行った。街頭活動は午前10時から12時30分まで愛知県豊橋市豊橋駅東広場で行われ、43人が参加。ノン・ドナーカードを約3600枚、チラシを約3400枚配布した。

脳死臓器移植の実態を懇切に説明
配付

当初、臓器移植推進派のグループが50人程でドナーカードの配付を行っていたが、推進派の人々からも「脳死」が「人の死」とは思えないという声が聞かれた。また、「移植をする時に麻酔をすること」や「心臓が鼓動し体が温かいにも関わらず臓器を取り出す」という事実を知らない一般市民の方も多く、「もっと多くの方に、反対の声を届けて欲しい」という人類愛善会の活動に対する期待の声も寄せられた。

改定臓器移植法が施行され、真実が市民に届かなくなっている状況の中、ノン・ドナーカード配布活動を通じて真実を伝え、「脳死は人の死ではない」ことを理解してもらう活動を継続していくことが必要である。

2時間半で約3600枚のノン・ドナーカードを配付
街頭

 

ページトップへ
Copy Right: Jinruiaizen Shinbun